忍者ブログ

プログラム関連~チラシの裏~

スパム対策したりプログラム組んだり色々やってる為替とは別の面を表に出してみた。

<< | 2018/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

マイクロアド リンク

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SP+メーカー WindowsのSP適用ディスク作成支援

OSにサービスパックを当てた状態のCDを作る。
これでリカバリーするときに時間が節約できるぜ!
作るのに同じぐらい時間が掛かるので忘れないように手順メモ。
nLiteで統合CDにしたのですが、HotFixの順番が違ったりすると起動しない。
ファイルをまとめて消せないOSになったりしたwww
その点、SP+メーカーでは自動設定するところが多いので楽でした。
nLiteよりずっと楽だった。VISTAのCDを作るときはnLiteかもしれないが
Windows2000やXPだったりするならSP+メーカーが一番ヨカタ!
英語版とかに対応してるかは不明。
nLiteの使い方とか、いろいろ調べて勉強するのに時間かかりましたが・・・
SP+メーカーだったら1日たたずに終わった。
サービスパックのダウンロードの待ち時間だけですかね。

配布元:A.K Office
SP+メーカー
winsppm_full.exeのほうをダウンロードしておけば間違いないでしょう。
レジストリを汚すアプリじゃないところが素晴らしい。
SPのダウンロード。CDの作成。全部やってくれます。
マニュアルをよく読まないと設定失敗するので全部を読むのが必須。

初心者のための SP+メーカー FAQ Wiki*
使い方がわからない正しいCDが作れない。
悩んだ場合はココ。参考にしました。
かなり役に立ったよ!おかげでSP4+HotFixのディスクができました。
まぁ、再セットアップしない展開が一番いいのだがHDDが壊れたりすると。
よくある事態に陥ります。
PR

Visual Studio 2008 Express Editionの無料配布

Visual Studioの2008年度最新版です。
Visual Studio 2008 Express Edition
1GBあるファイルをダウンロードしてDVDに焼いてインストールする方法。
DEAMONツールで起動してインストールする方法の2種類がある。
機能比較:Visual Studio 2008 製品ラインの概要
ちなみに、無料なので色々と出来ないことが多い。
普通にC++のMFCアプリを作る程度の勉強には問題ない。
C言語を勉強したりC++をやってみたり。
Windowsアプリの基礎を学ぶ。あくまで基礎を学べる。
入門道具としてどうぞ。

ダウソ先:VS2008ExpressJPNX1428694.iso 日本語
こいつ1GBあるのでADSLでもかなり時間かかる。要注意。

どうしてもWindows2000じゃないと嫌なんだ病の人用
Visual Studio 2005 Express Edition
製品版のほうが圧倒的にいいの。
こちらもWindowsアプリを作るための勉強用。
ロースペック、貧乏PC向け。自分向け。
機能比較:Visual Studio 2005 機能比較

ISOファイル直リン CRCとかは公式みてください。
うんとね。1つ600Mぐらいあるよ。
Visual Web Developer 2005 Express Edition
Visual Basic 2005 Express Edition
Visual C# 2005 Express Edition
Visual C++ 2005 Express Edition

ただ、仕事で使い方を覚えなきゃいけない場合とかには便利。
しかし、仕事では機能制限のために出来ないことがあるので
操作を覚えたりAPIの使い方を学ぶために使ってみてください。
あくまで基礎練習。
ブログ内検索
最新コメント
[06/24 Kazelcmo]
[06/24 Kazelxyk]
[04/23 Presencia]
最新トラックバック
ブログ関連リンク

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
FX NEWS

-外国為替-

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]